素敵に暮らす 住まいの作り方

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

収納は科学 【適量の法則1 洗面所にはたっぷりの収納を】

収納適量138830027のコピー


新築でもリフォームでも、 (プランをやりくりしてでも)
洗面所には奥行の浅い天井までの壁面収納を設けることにしています。

切りのいい1尺(303㎝)分の壁をへこませると、ちょうどいい収納スペースになります。
ちょうどいい、というのは100円ショップの定番の収納かごの寸法とうまく合うので、
棚の上の空間が分割しやすく、見た目もきれいだからです。

この場合の収納は内部を大工さんに作ってもらい、
扉は建具屋さんに作ってもらう、という「現場施工の作り付けの収納」にしています。

というのもこのやり方だと工場制作のキャビネットを据えつける、「家具工事収納」よりも、
ローコストでできますし、中が広く使えて収納効率もいいからです。

収納力アップのコツは
棚の数を多めにして隙間をなくすこと。
引き出し収納の代用は、ぴったりサイズのかごを活用する。 です。
 
そして、洗面カウンターの上で使うもの
(化粧道具やヘアケア用品、コンタクトとメガネ など・・・)も
家族ごとにかごに入れておいて、 「使ったらしまう」 を守れば、
いつも片付いている洗面所になります。

こうして洗面所のたっぷり収納を確保できれば、洗面台はカウンターのみで
カウンター下はフリースペースにすることが可能です。
これも価格の割高なキャビネットを使わないことで、コストダウンにつながりますし、
カウンター下が空いていると何かと便利で、とても好評です。
(次回は「カウンター下がフリースペースの洗面台」のお話をしますね。)

洗面所には、タオルや浴室で使うもののストックだけでなく、
下着やパジャマまであれば生活の動線の無駄もなくなります。

しまい方の例はこちらをご覧ください。

【関連記事】
収納は科学【適所の法則 1 物の住所を決める】
収納は科学【適所の法則 2 フォーカルポイント】
・収納は科学【適所の法則 3 見せると隠すは表裏一体】



私が考える「心地よい住まい」についてまとめたごあいさつ文、
はじめまして「自分の家がいちばん好き」も、
あわせてご一読いただけましたら幸いです。




| 収納と動線 | 08:00 | TOP↑

≫ EDIT

収納は科学 【適所の法則3 見せると隠すは表裏一体】

見せたいものを見せるために、見せたくないものを隠すということは
住まいづくりでは大事な考え方です。

日常の細々したものをきちんと隠す収納スペースがあれば、
部屋は効果的に演出できます。

収納3 収納3-2 - コピー (2)

上はリビングの収納の例です。
扉付きのカウンター収納に、日用品、薬箱、アイロン、工具、裁縫箱、
右側のスペースにはソファやクッションカバーのスペア、
アルバムや、ディスプレイの小物なども入っています。

リビングで使うものをしっかり収め、カウンターの上は演出するスペースに。
また、上で飾るものを下に収納しておくと、ディスプレイにかける時間も短縮できます。

しまうべきものはしまって、ディスプレイを楽しめるのも
適所に収納があってこそ♪ です。

【関連記事】
収納は科学【適所の法則 1 物の住所を決める】
収納は科学【適所の法則 2 フォーカルポイント】




私が考える「心地よい住まい」についてまとめたごあいさつ文、
はじめまして「自分の家がいちばん好き」も、
あわせてご一読いただけましたら幸いです。


| 収納と動線 | 23:35 | TOP↑

≫ EDIT

収納は科学 【適所の法則 2 フォーカルポイント】

フォーカルポイントについては、先日もお伝えしましたが、
すっきり収納しながらインテリアの見せ場にもすることも、
収納上手な部屋作りのコツです。

「見せる収納家具」を用いてフォーカルポイントを作ります。


収納2

しまうべきものはしっかりしまった上で、ディスプレイするのがポイントです。
写真の和箪笥は、玄関を印象的に飾るインテリアエレメンツとしながらも、
引き出しには、鍵やハンカチ、ポケットティッシュなど、
毎朝持って出かけるものが、家族それぞれに分けて入っています。

また、診察券やショップカードなどの収納場所もここにしています。
ものをしまう場所を決め、その場所を家族間で周知しておくことで、
「お母さん、あれどこにあるの?」と、尋ねられることもなくなり、
それぞれが使うべき時にあわてて探すことがなくなります。


収納は科学2

その一方で、飾ることより実用性を重視した本棚などは
フォーカルポイントを外した場所に置くとよいと思います。

【関連記事】
収納は科学【適所の法則 1 物の住所を決める】


| 収納と動線 | 18:22 | TOP↑

≫ EDIT

収納は科学 【適所の法則 1 物の住所を決める】

      先週、フォーカルポイントの話を書いたたところ、
      こんなコメントをいただきました。
      
      「片けても片付けても散らかる我が家は、インテリア以前に片づけ、収納です。」
      
      確かに住まいの収納問題は、インテリアのずっと手前にある大きな課題です。
      住宅の設計をしながら考えてきた「片づけなくても片付く住まい」への、
      「収納の法則」のようなものも書いてみたいと思います。

収納の第一の原則は【適所】です。

リビング、ダイニング、キッチン、寝室、浴室、洗面所、玄関。
部屋にはそれぞれに用途があります。
それら各々の部屋ですることはだいたい決まっています。
例えば、玄関での行動を考えてみると・・・、あたりまえですが靴の脱ぎ履きです。

収納は科学

ですから玄関にあるもの、それは「靴」です。
つまり、「靴」が収納される靴箱は、玄関が【適所】になります。

玄関でする他のことも考えてみます。
冬ともなればコートを脱ぎ着し、家の出入りには鍵も必要です。
コートや鍵の収納場所も、実は玄関が【適所】ではないかとも思います。

このように、玄関での行動はどこのお宅でもあまり変わりませんが、
アイロンがけをする場所はご家庭によって違ってくるかもしません。
リビングやダイニングで行う方もいるでしょうし、家事室を設けている方もいるでしょう。

その場合でも、「生活の行動に合わせた場所に物を置く」原則を忘れずに
ものの定位置を決めていくと、収納がシンプルになり片付く家になってきます。

行動するエリアから、ものをしまう場所が遠くなるほど、
片付けることにストレスを感じ、ものが散らかる原因にもなり家事効率も下がります。
できるだけ

 使う場所の近くに「ものの住所(物をしまう場所)」を決めること、が鉄則です♪

| 収納と動線 | 09:36 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |