素敵に暮らす 住まいの作り方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「インテリアと収納計画」は早い時期から

110424_122 - コピー


以前工事中の様子をブログで紹介したSさんのお宅の写真撮影がありました。
竣工して数か月経ちますが、既にとてもよい感じに住みこなされていて
奥様のセンスを感じました。

Sさんとは設計の早い段階から、インテリアに関しても話し合いました。
住まいでは、外観や間取り同様
「インテリアと収納計画」はとても大事だと考えているので
この2つは設計段階で十分に打ち合わせをすることにしています。

110424_001 - コピー

110424_175 - コピー

そうすることで、クライアントの方が入居後の住まいや暮らしを
しっかりイメージすることができてメリットがとても大きいのです。

たとえば、新居での必要なものと不要なものが明確になって、
新居には無駄なものが持ち込まれなくなりますし、
家が竣工するまでの間、ものの整理や片づけにもじっくり取り組めます。

110424_230 - コピー


インテリアも同様です。
家具やカーテン、小物に至るまで、トータルに
コーディネートを考える余裕があるので、失敗がなくなります。

また何よりこうしたことで、
入居後の早い段階で、住まいが落ちつき、
暮らしを楽しむことができるようになるのです。

110424_219.jpg



| 住まい作り | 08:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT