素敵に暮らす 住まいの作り方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「住まいとインテリア」のスクーリング講座 

先週の東京は残暑も猛暑。とっても暑かったです。

そんな中、日本女子大学で持っている通信課程
夏季スクーリング集中講義があり、月曜日から土曜日まで目白に通いました。

私は、ここで 
「住まいの中の インテリア」 を考える授業を担当しています。

1日3時間半の長い授業なので、盛りだくさん。
初日のスライドの枚数は160枚になります。

お話しする内容は大きく3つ

■ 住まいづくりの基本 動線と収納
■ インテリアの基本的な手法やテクニック
■ 自分でできるインテリアのレッスン方法


ところで、インテリアの授業で、なぜ最初に「動線と収納」の話をするかと言えば
私は、居心地のいい家をつくるための3つの要素を、こんなふうに考えているからです。

       キャプチャ
このブログでも書いてきましたが、
住まいは動線と収納をうまく整えるとずいぶん暮らしやすくなります。
無駄な動きが無くなって時間が短縮できる上に、片付けなくても片付く
‘散らからない家’になるからです。

そしてその動線と収納がうまく組み合わさってくぼみができたところに
インテリアが安定してのっている状態が、
「居心地のいい住まい」をつくる条件だと考えるからなのです。

10月に出る本「40代からの住まいリセット術」も、この話がもとになっています。

授業2日目からはいよいよ課題をだして、
実際の住まいを考えて形にしていきます。テーマは、ズバリ 

  「私にとって居心地のいい家」

実は ここで前出の3つの要素の前に考えてもらうことがあります。

     どんなふうに暮らしたいのか。
     どんなふうに生きていきたいのか。


これも1枚のコンセプトシートにしてもらうのですが
ここがなかなか難しくて・・・、やがて、楽しいのです。

考えはじめ、悩んで、図面を書き始めるころは
学生の顔が活き活きとし出すのがわかります。

今年もたくさんの「居心地のいい家」に出会いました。


【関連記事】

スクーリング講座「インテリア演習」の同窓会
  

| インテリア | 09:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT