素敵に暮らす 住まいの作り方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アジアの雑貨  種入れ

インテリアの小物や雑貨は、ただ飾るだけでなく、生活の中で何か役わりを果たすものが好きです。
特に、そのもの本来の使い方から離れて、違った使い方ができそうなものを見つけると、
嬉しくなってつい買ってしまいます。

タイで暮らしていた時も、いろいろアイデアが湧いてくる雑貨や工芸品にたくさん出会いました。


アジアの アジアの2



写真は北の地方で使われている種入れです。
竹で編んだかごに虫除けの漆を塗ったもので、
丸い蓋とかごをとり合わせた形が素敵、と思って買いました。
下は上げ底になっていて風通しが良くなっています。

これに玉ねぎやジャガイモを入れて涼しい部屋に置いています。
冬は実家の母がリンゴをたくさん送ってくれるので、
この中に入れて (かなり入ります。)玄関に置いています。
ふたを開けておくと、帰った時にリンゴのいいにおいがして、家族にも好評です。

ところで、そのもの本来の使い方から離れて、違った使い方をすることをインテリアでは、
「見立て使い」と呼ぶようですが、私は「転用」と呼んでいます。

アジアの雑貨や小物は、日本では安価なものばかりが
多く紹介されているようで、ちょっと残念に思う時があります。
タイには転用しやすくて、手仕事の丁寧さが伝わってくる、上質なものがたくさんありました。

++++++++++++++

ところで、昨日新しいお客様の敷地を見に行ったところ、
道を挟んでお向かいが、20年前に設計を担当したお宅でした。

懐かしくて、ピンポン♪でもしようかと思いましたが、…… 
こちら側が、南だし……、少し様子を見ることにして帰って来ました。
あ~、驚いた!

| インテリア | 18:08 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT