FC2ブログ

素敵に暮らす 住まいの作り方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キッチンを、自分のコックピットに4 ー60センチの深い背面収納がカギー

4 ダ_C4A5496 - コピー

日本には、季節を楽しむという文化があります。
季節や行事によってこれほど食器を変える国は、ほかにありません。

磁器や陶器、ガラス、塗りのお椀……
食器の数が多くなってしまうのは、仕方がないことです。

たくさんの食器の収納には、大きな食器棚を置くよりも、
キッチンの背面収納を造りつけて、引き出しに食器を収納することをおすすめします。

引き出しだと奥行きが深くできるので、収納量を増やせますし、
上からひと目で見渡せて、食器が取り出しやすくなります。


アトリエ サラ アトリエ サラ
背面カウンター 奥にパントリーも設置

食器類を収納 引き出しだと探しやすい
アトリエ サラ 
調理台や配膳台としても使えます
>

アトリエ サラ背面収納の奥行きは、60センチくらいあると、
冷蔵庫を並べて置いても面をほぼ合わせられるので、
スッキリ見えてきれいです。
カウンターの上に家電などを置けますし、
調理スペースや配膳台としても、
作業効率が飛躍的にアップします。

また、キッチンには食品を収納するためのパントリーもあると便利です。
そのスペースがない場合は、写真左上のように背面カウンターの中に組み込むことをお勧めしています。

| キッチン | 08:00 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT