素敵に暮らす 住まいの作り方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

収納は科学 【適所の法則3 見せると隠すは表裏一体】

見せたいものを見せるために、見せたくないものを隠すということは
住まいづくりでは大事な考え方です。

日常の細々したものをきちんと隠す収納スペースがあれば、
部屋は効果的に演出できます。

収納3 収納3-2 - コピー (2)

上はリビングの収納の例です。
扉付きのカウンター収納に、日用品、薬箱、アイロン、工具、裁縫箱、
右側のスペースにはソファやクッションカバーのスペア、
アルバムや、ディスプレイの小物なども入っています。

リビングで使うものをしっかり収め、カウンターの上は演出するスペースに。
また、上で飾るものを下に収納しておくと、ディスプレイにかける時間も短縮できます。

しまうべきものはしまって、ディスプレイを楽しめるのも
適所に収納があってこそ♪ です。

【関連記事】
収納は科学【適所の法則 1 物の住所を決める】
収納は科学【適所の法則 2 フォーカルポイント】




私が考える「心地よい住まい」についてまとめたごあいさつ文、
はじめまして「自分の家がいちばん好き」も、
あわせてご一読いただけましたら幸いです。


| 収納と動線 | 23:35 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT