素敵に暮らす 住まいの作り方

2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

カメラマンは永野佳世さんです

「いつまでも美しく暮らす住まいのルール」を出してひと月経ちました。
売れ行きは好調だそうで、とても嬉しく、少しホッとしているところです。


DSCF2394 - コピー


ところで、本について  「写真がきれいですね。」
「表紙を見てインテリアの本かと思いました。」といったご意見をたくさんいただきました。

写真を撮ってくれたのは女性写真家の永野佳世さんです。
以前雑誌の撮影でご一緒したことがあって、写真の素敵さにはもちろん、
スタイリングのこだわり方とか、言葉の選び方とか、
彼女の感性に私と近いものも感じて、とても惹かれました。
(永野さんはそう感じてはいないだろうけれど・・・。)

彼女なら私の意図をくみ取って、自分の目も通して
いい写真を撮ってくれるはず・・・・・・、そして
私のしつこさにもきっと付き合ってくれるだろう、と思いました。



         _C1A0256 - コピー


この本は「暮らしやすい家の日常は美しい」というテーマがあり、
いかにきれいに、日常の「動線」や「収納」を撮るか、ということが課題でした。

とくに「動線」は、写真1枚で多くのことを分かりやすく説明しなければなりません。
そのアングルを探りながら、しかも美しくも撮るのはなかなか大変でした。
永野さんと編集の方たちと、いつも皆で喧々諤々、たくさんの時間を費やして撮った写真ばかりです。



5章修正1226-01 - コピー  2章修正1226-11 - コピー

  3章P46-75修正-01 - コピー   5章修正1226-05 - コピー

でも、コピーにもぴたりと合った
それでいて写真としても美しいページがたくさん出来上がりました。

永野さん、本当にありがとうございました。
いろいろわがままも言ってすみませんでした♪


| 日々のこと | 06:33 | TOP↑

| PAGE-SELECT |