素敵に暮らす 住まいの作り方

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

御礼  「真夏でも快適に暮らす家」 オープンハウス

アプローチ_DSC0072 - コピー


8月の見学会  「真夏でも快適に暮らす家」は
本当に暑い日でしたが、38名の方にお越しいただきました。

リビングのエアコンを27度に設定し、
奥の和室のエアコンはつけたり消したりしながら、体験していただきました。


_DSC0034.jpg


午後の2時から4時まで、スタッフやお住まいのご家族を含め、
常時20~30名ぐらいの人がいましたが、とても快適な室内環境でした。

珪藻土による、湿度の調整がよく効いているのがよくわかりました。
また、遮熱ガラスの効果も実感することができました。

見学にいらしていただいたIさんからは
こんな嬉しいメールをいただきました。

     
     「真夏の住宅で快適にくらす家」のオープンハウスは、
     片道2時間半、暑い中を出掛けてもなお、収穫の多い見学会でした。

     タイトル通り、厳しい暑さの中でも最低限の冷房程度で
     20名を超える見学の方々のいるリビングでも
     湿度が下がり、暑さは感じませんでした。
     住まいが成果を示していてすごいと思いました。  

     年を追うごとに厳しくなると感じる最近の気候に対応した住まいは、
     いま、広く求められていると感じています。

     また技術や性能の進歩のみならず、住むことに対して
     人々の関心も高められることが大切と、私は思うのですが、
     こうした機会を積極的に設けて下さってとても感謝です。
     住まいへの基本的なことに向けた目も、少しずつでも養われていくと感じます。

     今回のお住まいを拝見し、何か一つの技術などで快適さは生まれるのでなく
     断熱、遮熱の工夫、ドアや窓ガラス、アルミサッシ、あるいは内雨戸、
     壁や天井の珪藻土、床暖房、など、さまざまな工夫が重なり合って
     心地よさを創り出していて、興味深く思いまし
た。

Iさんの他にもたくさん感想をいただき、本当に嬉しく思いました。
お越しいただいた皆さん、
お暑いところ本当にありがとうございました。

このような、環境を体験する見学会も行っていこうと思っていますので、
是非またいらしてください。

| お知らせ | 06:51 | TOP↑

| PAGE-SELECT |