素敵に暮らす 住まいの作り方

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

見せたくないものを隠す  その1

_C4A4317 - コピー

インテリアを素敵にしたいけれど、
なかなかうまくいかないという方はたくさんいます。
講座でも、「上手に飾るコツはありますか。」という質問をよく受けます。

実は、インテリアを成功させる鍵は、
いかに飾るかではなくて
まずは見せたくないものをいかに隠すか、というところにあります。

見せたくないものが見えている状態ではどんなに素敵なインテリアも映えません。
まさに「見せる」と「隠す」は表裏一体なのです。
きちんと収納しましょう、というのも、実はインテリアを美しく見せるためでもあるのです。

写真はKさんのダイニングキッチン。
扉をもう少し開けると電気ポットや冷蔵庫といった家電製品が見えてきますが、
来客時やキッチンの片付けが終わった後はこのように閉めておけばすっきりとしています。

最近はオープンキッチンが主流で、
しかもカウンターの前に立ち上がりのないキッチンを選ぶ方も増えていますので
冷蔵庫などの存在感のある家電を隠したい場合、こんな方法はいかがでしょうか。

引き戸は下がり壁をつけずに天井まで、がすっきりのコツです。

【関連記事】
「見せる」と「隠す」は表裏一体」

| インテリア | 09:45 | TOP↑

≫ EDIT

タイルの効果

_C1A2890 - コピー

最近リフォームが完成したKさんのお宅です。
リビングの壁にこんなタイルを貼りました。

凹凸があるので、朝や午後、光が横から入ると陰影がはっきりしてきれいです。
この写真はお昼ごろ撮りましたが、
これから夕方にかけて、力強い西日を受けながら
タイルはもっともっと表情豊かになっていきます。

それから、天井と壁に空いた空間があるのが分かりますか。
いわゆるカーテンボックスなのですが、
部屋のはじからはじまで通して隙間のようにしています。

この隙間には長いライン照明が入れてあって、
夜はこのタイルや、奥に見えるカーテン代わりの波型のシェードを照らしつつ
夜のシーンに適した室内の照度を確保しています。
タイルは上からの照明の光にも映えてきれいです。

ところで、この場所は玄関からリビングへ入る時のフォーカルポイントですが、
実はキッチンからも視線が向くフォーカルポイントになっています。

この壁が、朝晩キッチンに立つKさんの目を楽しませて、
Kさんの食事作りをいっそう楽しくしくれるといいな~、と思っています。
 


| インテリア | 07:14 | TOP↑

≫ EDIT

フォーカルポイントを美しく

以前このブログで紹介した、Cさんのお宅のリフォーム後の玄関です。

フォーカルポイントA_N9S0343


Cさんはペットと暮らしながらも、アジアンテイストのインテリアを楽しめる、
そんな住まいを希望されていました。

私は、インテリアを美しく見せる基本は、まず、フォーカルポイントを整えやすく、
魅力ある空間にすることだと考えています。

目に飛び込む一瞬のシーンで、人の気持ちがほぐれたり、
心地よくなれたら、素敵なことだと思いませんか。



フォーカルポイントB DSC_1077

上は以前のCさんのお宅の玄関です。

正面に階段の手すり壁があり、
茶色の笠木が斜めになっていたので、それが強い印象でした。

奥のリビングへ続くドアも濃い茶色だったために、主張が強く、
フォーカルポインを、あいまいで煩雑にしていました。

壁と天井を区切る「廻り縁」や床に続く壁の[巾木]も濃く、
室内全体を重たく感じさせていました。



フォーカルポイントパネル開け  フォーカルポイントパネル閉め


階段は、2階に大きなものを搬入する時のために、
斜めの空きスペースを残さなければならなかったので、
リフォームでは手前に、横にスライドするインテリアのパネルを設置しました。

パネルのモチーフは古くからあるタイの飾り壁。
もともとはチークの端材を有効に利用するためのものです。

光を当てると木の陰影がきれいなので、
設計する住宅に好んで使っています。

このパネルを、いつもは閉じてフォーカルポイントに。
奥の扉は白く、あまり印象付けないデザインに。
廻り縁は外し、巾木も低いものに替えて白く塗りました。
玄関のタイルも薄いベージュに貼り替えました。

玄関はお客様を迎える場所ですが、
一番大事なのはその家の家族がほっとできる場所ではないかと思います。

好きなインテリアで、毎日「お帰りなさい」と、
迎えてもらえたら嬉しいですよね♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この作品は WEB版『日経住宅サーチ』に掲載されています。
こちらも合わせてご覧ください。



| インテリア | 06:00 | TOP↑

≫ EDIT

和ダンスに負けない「漢字のアート」

「額が届きましたので、いらしてください。とっても素敵です♪」
というお電話をいただいたので、昨日わくわくしながら
以前リフォームをしたMさんのお宅にお伺いしました。

_DSC0097 - コピー

掛かっているのは、キャンバス地に
「福」と「徳」の字をモチーフに書かれた絵のような書画。
女流書道家の本田蒼風さんの作品です。

Mさん宅にはとても存在感のあるこの大きな和ダンスがあったので、
前回のリフォーム時に、タンスのサイズに合わせて
リビングにこんな壁面を作りました。

ところが、
「何を掛けてもタンスに負けてしまって、しっくり来ません・・。」
と奥様から相談を受けて、この壁に掛けるものをしばらく考えていました。

以前から気になっていた蒼風さんに相談したところ
さっそくM邸に同行してくださりこんな書を制作してくださいました。
和ダンスに負けない「漢字のアート」です。
 
   以下は蒼風さんのコメントです。
   
   奥様が、色々な目標をもって日々過ごされている様子と、
   ご主人もご自身の楽しみを満喫されている姿がとても印象的でした。
   
   この幸せが続くように…という意味を込めて「福」
   さらにこの先も、目指す姿に日々近づいて行かれることを
   応援していきたいという意味で「徳」

   「福徳」にいたしました。
   ご自宅のあの明るいイメージに合うよう、
   少し遊び(軽い楽しさ)もできるだけ入れたいと思って
   制作にあたりました。

福徳 (1) - コピー


ところで、M邸は少し和風の感じを残したかったので
リビングの天井にはヒバ材を使いましたが、
重たくなく、軽く見せたかったので壁との取り合い部分は
ところどころスリットにしています。

_DSC0104 - コピー

ここではスリット部分に薄い蛍光灯照明を入れていますが、
こうすることでより、軽く浮いた感じにもなり
額を飾る面としては一石二鳥です。

が、実際は蛍光灯の光は下までは届かないので
額をきれいに照らすためにダウンライトもつけています。
このダウンライトは照らす面を調節できるユニバーサルライトです。

_DSC0121 - コピー (3) 

**********************************************************

5月6月はイベントや竣工物件が多く、書きたいこともたくさんあったのですが、
日々の仕事に追われ、ブログをまとめている時間がありませんでした。
楽しみにしてくださっている方には申し訳ありません。

少し前のことになってしまいますが、
振り返って記事にしたいと思っているところです。

また、時々覗いてくださいね。  水越

| インテリア | 00:30 | TOP↑

≫ EDIT

香りもインテリア

家にいる時はよくアロマを焚きます。
以前「音楽は優しいインテリア」と、書きましたが、
「香りもインテリア」の一部だと思っています。

_DSC0011 - コピー

最近、京都の懐紙メーカー・辻徳さんが出している、
‘京あろま 重ねいろ’という懐紙のアロマを使っています。

懐紙にアロマを垂らしてポット代わりにする、火も水も使わない、
安心安全なアロマなので、使い勝手がいいのはもちろんですが、
懐紙とセットで売られているアロマ自体の香りが何ともいいのです。

無農薬栽培された植物から抽出した、
100%天然オーガニック精油を組み合わせて作り出した
「和の香り」だそうです。

懐紙をちょっと温めるとかなり匂いが発散します。
冬の間は、窓辺やオイルヒーターの上に置いたり、
床暖房している床に直に置いて楽しみましたが、
これからの季節は、いる場所の近くに置いておくだけでいいようです。

なかでも私が好きな香りは 「凛」という瓶の香りです。

_DSC0050_20110508030620.jpg

仕事中は専用のオーガンジーの袋に入れて、
机の上の蛍光灯スタンドにぶら下げていますが、出かける時はバックに中に。
時々出して匂いを嗅ぐと頭もすっきりしてきます。

この商品はネットでも買えますが、5月11日~5月17日まで、
松屋 銀座店1F スペース・オブ・ギンザにて行われる
『和モノなでしこ ~モダンジャパニーズスタイル~』に出展される予定のようです。

| インテリア | 08:00 | TOP↑

≫ EDIT

季節のちりめん細工2 手つなぎ人形

玄関のフォーカルポイントの和ダンスの上には
母が作ったちりめん細工をおくことにしています。

DSC_0285.jpg


中でも私が一番好きなのがこの「手つなぎ人形」です。

着物を着た男の子と女の子が手をつないでいる人形ですが、
実は袋で、中央の紐を解くと中が入れ物になっています。

このちりめんの針遊びは60歳を過ぎてから母が始めた趣味ですが、
今ではたくさんの作品ができました。

練習用に布を変えて同じ作品を2、3個作るのでひとつは必ず
私のところへやってきて、こんなふうに和ダンスの中にぎっしり入っています。


DSC_1260.jpg

ちょっと整理が必要になってきました。

以前にも書きましたが、
ここで飾るもの以外は別の場所に入れようかどうか迷ってるところです・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■「40代からの住まいリセット術」 がクレヨンハウス通信vol.360 Woman's EYE 
 「女性の視点からセレクトした本」のコーナーの今月の新刊で紹介されました。
  40代からの住まいリセット術―人生が変わる家、3つの法則

■そしてまたもや ブログでも紹介していただきました。
  トオルのブログ さん  「40代からの住まいリセット術」(水越美枝子)
 
ありがとうございました♪

| インテリア | 08:00 | TOP↑

≫ EDIT

椅子は高齢者の味方

・・・・今回も引き続き椅子の話を。

前回、  椅子は体に直接触れる時間が長く
     座る人の健康を左右することもあるので
     家具の中でも特別な存在です。
          と書きました。


ec12 - コピー - コピー ec11 - コピー (2)


写真は、中高年の方のダイニングチェアで、私が一押しの
柏木工の定番のマイスターアームチェア(左)と、
同じデザインでアームなしの、マイスターチェア。

座面は標準のものは42センチですが、高さの指定ができ、
一緒に揃えるテーブルの脚の高さも調整してもらえます。

下の写真は茶の間だった和室を洋室に変え、
膝を折って座る暮らしから、腰かける暮らし方に変えた
Uさんの茶の間ダイニングです。
このお宅では座面39センチ テーブル高さ67センチで注文しました。

ブログ20101115


高齢になってくると、やわらかいソファに深く腰掛けてしまったりすると、
立ち上がるときに体に負担を感じるようになってきます。
そのせいもあって、ソファよりダイニングの椅子に座っている時間のほうが
長いという方がたくさんいます。

このような場合は、思い切ってソファをやめてダイニング・テーブルを大きくし、
椅子は、低めで肘掛があり、なおかつ座面が広く、
背もたれもゆったりとしているものを選ぶことをおすすめしています。

ところで、長い時間椅子に座れば、肘をついたり、
人によってはあぐらをかいたり、座面に正座したりすることもあるでしょう。

どのような姿勢でも、椅子の上で楽に体が動かせるように、
背もたれも体の線に合うように、少し湾曲したもののほうがよいですし、
高齢者の場合には肘掛があったほうが立ち上がるのにも楽です。

* * * * * * * * * *

でも、やっぱりソファも置きたい!という方にお勧めするのは、
座面が沈みこまない固めのクッションで、あまり低くないものです。


20070907リビング2 - コピー

上の写真の高台の家のリビングに置いたソファは
カンディハウスのボルスリビング(N)。
座面の高さは37センチで、Uさんのダイニングチェアとの差は2センチしかありません。

・・・・・毎日使うイスやソファ、高さをもう一度見直してみませんか?

手持ちのテーブルや椅子は、家具の修理をする専門の業者に頼めば、 
足の部分をカットして低くしてもらうこともできます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 拙著「40代からの住まいリセット術」
  また、ブログで紹介していただきました。

   辻徳 ~懐紙活用術~  「40代からの住まいリセット術」プレゼントします。
                      (何と・・・!太っ腹な友人です。)
   中山歯科矯正医院 スタッフブログ   霜月の待合室より

ありがとうございました♪ 嬉しい限りです♪♪


| インテリア | 18:05 | TOP↑

≫ EDIT

一生つき合う友人としての椅子 

 ・・・・前回に引き続き椅子の話を。

家具の中でも、椅子は特別な存在です。
なぜなら、インテリアの重要な要素であるだけでなく、実用性も求められ、
しかも、座る人をほっとさせてくれるような、
安らぎを与えてくれるものである必要があるからです。

また、椅子は体に直接触れる時間が長い分、
座る人の健康をも左右することがあるほど、重要な家具として、
実は機能性と美しさの究極を求められるインテリアなのです。


リビング3 - コピ
20坪の家

▼椅子の機能性
 
 現在、日本人の体格に合わせた、平均的な椅子の座面の高さは
 約四〇センチメートルくらいとされています。椅子の座面とテーブル面の高さの差を
 差尺(さじゃく)といいますが、それは約三〇センチで、これを知っておくと便利です。
 
 日本人に合うテーブルや机の天板の高さは七〇センチくらい。
 そして、市販のテーブルと椅子もこのぐらいのサイズのものが最も多く見られます。

 しかし、長時間その椅子に座って過ごすことを考えた場合(とくに小柄な女性には)、
 それらの平均的な高さより三〜五センチほど低くすると、疲れにくくなることがわかっています。
 差尺の約三〇センチはテーブルと椅子の相関関係上、適切な数値ですので、
 椅子の高さを変える場合は、テーブルや机の高さも同じように変える必要があります。

 いわゆる平均的な、テーブルと椅子の高さは、食事をしたりお茶を飲んだりなど、
 まっすぐな姿勢を保って短時間を過ごすためには、苦になることはありません。

 しかし、そこで新聞や本を読んだり、書き物をしたり、長時間を過ごすような場合には、
 足を組んだり、背もたれに寄りかかったりとさまざまな姿勢をとるようになります。
 そのような場合、多少崩れた姿勢になっても、足がぶらぶらしたり、
 つま先だけしか床に着かないようなことがなく、きちんとかかとまで着くような高さが、
 もっとも座り心地のよい椅子ということになるのです。
 
 みなさんのご家庭で 使っている椅子はいかがでしょうか? 
                                      (続きます・・・。)

   次回は、中高年から高齢者の方の、
   椅子やソファの考え方についてお話ししたいと思います。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先月10日発売の、拙著「40代からの住まいリセット術」ですが、
おかげさまで、なんとか売れているようで、初版1万部に加えて増刷が決まりました♪

方々でご紹介していただいたり、
メールや、お手紙などでも感想をたくさんいただき、
読んでいただいた方には大変感謝しています。  中には、

  「本はもう三度読み返し、重要なところをノートに書き写して、
                        自分なりにまとめています。」 

 
 なんていう、涙が出てしまいそうな方もいて、
「書いて良かった~♪」としみじみ思っているところです ^^ 。

皆さん、ありがとうございます。 よろしかったら感想をお寄せください。


≫ Read More

| インテリア | 09:16 | TOP↑

≫ EDIT

Yチェアについて 質問がありました

片づけなくても片付く住まい 1 をご覧になった方から、 
こんな質問をいただきました。

   水越さんが、Yチェアの背もたれにクッションをされているのが気になりました。
   私もダイニング用にYチェアを候補の一つに考えているのですが、
   華奢なので、長時間座る場合、背もたれと背中のフィット感が
   不自然になるだろうかと疑問に思っているのです。
   よく、ペーパーコードによる座面の座りやすさは話に聞くのですが、
   みなさん、背もたれもじゅうぶんにフィットされているのでしょうか。
   ちなみに、私はデスクでYチェアに似たシルエットの籐の椅子に座っているのですが、
   背もたれには座布団と、二つ折りにした円座を腰にあてています。
   ちょっと変な質問で申し訳ありません。


DSCN9192 - コピー

いえいえ、変な質問ではありません。

実は、普段はクッションは置いていないのです。
食事をする時には背をもたれずに背中を立てて座っていますが、
ちょっとくつろぐ時は腰を落として、直接この背もたれによりかかっています。
ラウンドした曲木は背中によくフィットしますし、腕をのせるのにも
ちょうどいい高さです。

では、なぜクッションを置いたかというと、
この写真は2年前、あるインテリア雑誌の撮影の時に自分で撮ったのですが、
テーマが「ファブリックのコ-ディネート」だったので、
ランチョンマットのグリーンに合わせて、
グリーンのシルクのクッションを置いてみたのです。

今日、この写真の状態でちょっと試してみましたが、
このまま座っても違和感はありませんでした。
ただ、座面が浅くなるので「寛ぐ」というよりは
「クッションに支えられて姿勢を保つ」という感じでした。
Yチェアは何も置かずに、そのままがいいのかもしれません。

ちなみにこのYチェアは25年使っています。
今年ペーパーコードを張り直して、塗装をやり直したら、
新品同様になりました。

Yチェアは周りでも使っている人が多く、私もイチオシですが、
椅子やソファーは座り心地を試して購入」が鉄則です。
是非お店で座ってみてくださいね♪
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


■40代からの住まいリセット術 が雑誌ステラで、
 編集部の「おすすめの1冊」として紹介されました。
    「住む人が幸せになれる家づくりとは」という見出しでした

■そしてまたもや ブログでも紹介していただきました
  
   quoi de neuf ? さん  40代からの住まいリセット術
   きじトラとアビシニアンズさん  日常を極上へ

ありがとうございました♪♪



| インテリア | 00:17 | TOP↑

≫ EDIT

アジアの雑貨  かごは優れもの1 

コピー ~ _DSC0125


以前、野菜を入れている漆のかご を紹介した時に、

「インテリアの小物や雑貨は、ただ飾るだけでなく
生活の中で何か役わりを果たすものが好きです。」と書きました。

玄関でスリッパ入れとして活躍しているのは、やはりタイのかごです。
蓋つきの衣装入れとして使われていたかごには、来客用のスリッパを。
たっぷり入るので重宝しています。

裁縫道具入れだった小さいほうのかごには
家族の日常使いのスリッパを入れています。

どちらもオリジナルは北の地方で使われていたものなので、
デザインが調和して並んでいます。

欲しいところにサイズのあった収納スペースを作れる
大きさもかたちもさまざまなかご。

これこそ、かごが「見せる収納」として優れているところだと思います。
  

| インテリア | 00:00 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT