素敵に暮らす 住まいの作り方

≫ EDIT

帰宅時の動線

6 パ_C1A9062

帰宅したらできるだけすぐに手洗いをしたり、
うがいをしたい、というご要望が増えています。

こちらはK邸の手洗いカウンターですが、
帰宅時の動線になる、玄関からリビングの間の廊下に面しています。
扉はなく、帰ってすぐに手を洗うことができます。

学童期のお子さんがいるお宅では特に
感染症の予防対策にも気を使うので安心です。

右手奥はトイレで、いつもは引き戸で仕切られています。
洗面カウンターとセットでお客様用のパウダールームにもなっています。

帰宅時の動線上に、こんな洗面コーナーはいかがでしょうか。


6 パ_C1A0576

| 住まい作り | 04:34 | TOP↑

≫ EDIT

洗面所のリフォーム

壁式構造のために壁が取れなかったり、床が二重になっていないマンションの場合、
大きな間取りの変更ができない場合もあります。
下はそんなマンションの洗面所のリフォーム。


図2 - コピー 図1 - コピー リフォーム前


洗濯乾燥機はカウンター下にビルトインできるミーレ社のものを選んでいます。

吊戸の中にはタオルや下着類を、
引き出しの中にはお化粧道具や洗面所で使うこまごまとしたものを入れています。
バケツや洗剤などもシンク下に入り、たっぷりの収納ができました。

すっきり見せるコツは大きな鏡と、まっすぐ通したカウンター。
上下の間が狭くても吊戸と切り離してカウンターを通すのが正解です。

リフォーム前と比べると見た目だけでなくて、使い勝手も格段に良くなったと思いませんか。





| 住まい作り | 01:50 | TOP↑

≫ EDIT

受付を終了いたしました。

春の「住まい講座」(5月21日開催) は各クラス定員になりましたので、
受付を終了いたしました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。 
今後はキャンセル待ちの受付けになります。

今回も植栽計画をしてくれたフォリーファームの飯田恵子さんがいらしてくれる予定です。
ガーデニングに興味がある方はいろいろ質問してください。
  
      

| お知らせ | 12:41 | TOP↑

≫ EDIT

2016年春の「住まい講座」のお知らせ

1429538408855 - コピー
                                             
今回の住まい講座は昨年竣工した、武蔵小杉の「離れのある住宅」をご案内します。
実際の住まいを見ながら、設計のコンセプトや考え方、いつまでも美しく暮らすための
インテリアや収納のコツについてのお話しをする他、今回は昔からあった松の木を生
かした道路から玄関までのアプローチや、母屋と離れ それぞれの庭との繋がり方、
といった、 外構や植栽計画についてもお話しします。


_DSC0088 - コピー

いつものように住まい手の方々には、住まいの中のアイデアや、工夫をしていること、
どのような暮らし方をしているか、 といったお話しをしていただく予定です。


_DSC0097.jpg

吹き抜けを中心に配置した個室の取り方や水回りとの関係、キッチンと家事室との
関係を例に、生活や家事動線の考え方なども詳しくお話ししたいと思っています。

_DSC0029.jpg _DSC0054_201603250241323b2.jpg

ちょっと広めの住宅ですが、動線や収納、各部屋の考え方や建材や色の選び方などは
アトリエサラのスタイルのままに設計しています。


  (内容)   「離れのある住宅」   美しく住める家のセオリー
                                         
  (日時)  5月21日(土) 
       Aクラス・・・10:30~12:00 (募集15名程度)
       Bクラス・・・13:00~14:30 (募集10名程度)
       Cクラス・・・15:00~16:30 (募集15名程度)
 
  (参加費) 3000円/回   
   
  (お申込み方法) 大変申し訳ないのですが、講座のお申し込みは
           メールあるいはFAXのみの受付とさせていただいています。

        お申込みは 専用のメールアドレス  lecture@a-sala.com か、もしくは
        FAX  03-5933-2733 に、件名を 「住まい講座」として、下記の内容を
        添えてお送りください。
        (専用アドレスがうまく入らない場合はコピペではなく直接入力してください。)
         
         ①お名前・年齢
         ②ご住所
         ③電話番号(連絡が取りやすいお電話番号をお知らせください。)
         ④メールアドレス(携帯でも可)  あるいは FAX番号
         ⑤希望クラス (どちらでも参加可能な方はその旨お知らせください。)
           
          記入例   B、A、Cの順に希望
                 Aのみ希望
                 どちらでもOK   など、できるだけわかりやすく書いてください。
    
           追ってご案内のメールあるいはFAXを7日以内にお送りいたします。
          また、定員がオーバーした場合はキャンセル待ちとして
          空きがでた場合に順次お知らせします。

          ティータイムにはお茶とお菓子をご用意してご質問も受け付けますので、
          住まいに関心やご興味のある方は是非ご参加ください。
    

| お知らせ | 10:21 | TOP↑

≫ EDIT

1年間ありがとうございました。

今年もたくさんの方々の住まいづくりに携わらせていただき、
目まぐるしくも、充実した1年になりました。

最初に思い描いた空間が、
その通りの形になっていく現場に立ち合うのは本当に楽しい仕事です。



原邸L1カラー - コピー  H邸リビングイメージパース
 

   _DSC0041 - コピー  H邸リビング竣工時




船戸邸LDK②カラー - コピー  F邸イメージパース (リフォーム)


_DSC0053 - コピー  F邸竣工時

そんな機会を与えていただいた施主の皆さんに心から感謝です。



+++++++++++++++++++++++++++++


3月に出版した、2冊目の著書「いつまでも美しく暮らす住まいのルール」は、
5月、8月、9月に増刷がかかり、合計22、400部 になりました。
5月頃から今日までAmazonで、ベストセラー1位が続いています。

cover - コピー


こんなに多くの方々に読んでいただけるとは思いませんでしたが、
この本が、 皆さんの住まいや暮らしに少しでもお役に立てているとしたら
この上なく嬉しいことです。

来年もスタッフの皆と、
住まいづくりに邁進したいと思っています。

| 日々のこと | 08:00 | TOP↑

≫ EDIT

植栽はフォリーファームにお願いしています

DSCF2829 - コピー


アトリエサラの住宅の植栽計画はいつも、フォリーファームの飯田恵子さんにお願いしています。
飯田さんはご自身で植栽デザインをして、実際の植樹をする造園家です。
上は前回春の見学会の時の雄姿です。   

   かっこいいでしょ♪

庭のある物件ではどんな小さいものでも、いつも工事の途中から参加していただき、
いろいろな角度からのグリーンの見え方を検討しながら計画していただいています。

住宅の外構計画はとても大事なので、彼女の意見を取り入れることも多く、
窓辺のカーテンも、時には飯田さんの植栽スケッチをもとにスタイルを決めたりもしています。

飯田さんとのお付き合いは長く、私の住宅に対する考え方をよく理解してくださるので
安心して一緒に仕事をしています。

先月行なった秋の見学会にもいらしてくださって、皆さんの質問に
いろいろお答えしていただきました。



1446744730020 - コピー


アトリエサラの強力な助っ人です♪



| 日々のこと | 13:10 | TOP↑

≫ EDIT

少しお待ちください

このブログを楽しみに読んでくださっている皆様

      更新を少しお待ちください。
      今週末には忙しさの峠を越える予定です・・・(@_@;) すみません。

| 未分類 | 22:00 | TOP↑

≫ EDIT

受付を終了いたしました

 秋の「住まい講座」(10月24月)
   各クラス定員になりましたので、受付を終了いたしました。
    たくさんのお申し込みありがとうございました。 
   今後はキャンセル待ちの受付けになります。

   今回も植栽計画をしてくれたフォリーファームの飯田恵子さんがいらしてくれる予定です。
   ガーデニングに興味がある方はいろいろ質問してください。
  
      

| お知らせ | 06:26 | TOP↑

≫ EDIT

2015年秋の「住まい講座」のお知らせ

 今回は、春にご案内した「石神井公園の家」の隣の敷地に建つ
「石神井公園の家 K邸」をご案内します。

4 リ_C4A5848

1 外_C4A4725  2 ア_C4A5650  6 洗_C4A4656  

いつものように実際の住まいを見ながら、設計のコンセプトや考え方、
美しく暮らすためのインテリアや収納のコツについてお話ししますが、
今回は、ご兄妹で住む2つの家の繋がり方についてもお話しします。

住まい手の方々には、住まいの中のアイデアや、工夫をしていること、
どのような暮らし方をしているか、 といったお話しをしていただく予定です。

テーマ   「快適な住まいの作り方」

日時    10月24日(土)    各クラスとも定員は15名程度です。          

       Aクラス・・・10:30~12:00 (募集若干名)
       Bクラス・・・13:00~14:30 
       Cクラス・・・15:00~16:30 

参加費 3000円
     
お申込み方法  大変申し訳ないのですが、講座のお申し込みは
          メールあるいはFAXのみの受付とさせていただいています。

          専用のメールアドレス  lecture@a-sala.com か、
          もしくはFAX  03-5933-2733 に、
          件名を 「住まい講座」として、下記の内容を添えてお送りください。
          (専用アドレスがうまく入らない場合はコピペではなく直接入力してください。)
         
         ①お名前・年齢
         ②ご住所
         ③電話番号(連絡が取りやすいお電話番号をお知らせください。)
         ④メールアドレス(携帯でも可)  あるいは FAX番号
         ⑤希望日と希望クラス (どちらでも参加可能な方はその旨お知らせください。)
              
            記入例   ・ B、A、C の順に希望
                  ・ Aのみ希望
                  ・ どちらでもOK   等、できるだけわかりやすく書いてください。

           追ってご案内のメールあるいはFAXを7日以内にお送りいたします。
           また、定員がオーバーした場合はキャンセル待ちとして
           空きがでた場合に順次お知らせします。

           ティータイムにはお茶とお菓子をご用意していますので、
           住まいや暮らしに興味のある方は是非ご参加ください。


| お知らせ | 06:00 | TOP↑

≫ EDIT

掲載されました

4 ダ_C1A0504


今発売中の2つの雑誌に、S邸が掲載されています。
間もなくご主人が定年を迎えるご夫妻の戸建のリフォームです。

同時期の取材で、偶然、2誌ともに雑誌名に「大人」「おとな」が付いていたので
面白いな、と思っていましたが、送られてきた本をみてちょっと驚きました。



51Lr7XCJrgL__SX386_BO1,204,203,200_     latest_off.jpg
「大人のPULUS1LIVING」           「日経おとなのオフ」


表紙は、居心地のよさそうな室内にくつろぐ人物の写真。
タイトルに、大人世代、自分らしいスタイル、暮らし、人生後半を楽しむ家、死ぬまで住みたい家・・・。
表現は違っても、コンセプトはピタリ同じです。

リフォームもすでにブームではなく、
これからの時代に多くの人が潜在的に持つニーズなのかもしれないなあ、と思ったのでした。
家は暮らしを変える、家は生き方、と言ったら大げさでしょうか。

家に自分らしいスタイルを反映させようとする人は
年代に関係なく、「おとな」だなあと、感じながらいつも仕事をしています。
そして私自身は、その人らしさを引き出して形にすることが、設計者の役割だと思っています。
だから、人を理解することも設計の大事な技術です。

Sさん夫妻はとても素敵なおとなの方でした。


1 庭_C1A0692






| お知らせ | 20:49 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT